極主夫道

極主夫道【酒井タツキ役】古川雄大の演技力は上手い?松田翔太に似ている?

2020年10月11日より日本テレビ系列で放送予定の「極主夫道」。

おおのこうすけ先生のコミックをドラマ化し、龍役を演じる玉木宏さん主演のドラマになります。

ムーさん
ムーさん
元極道で専業主婦普通では考えられないドラマですね!

そんな中、町の安全と平和を愛してやまない警察官の酒井タツキ役を演じるのが古川雄大さん

今回は酒井タツキ役を演じる古川雄大さんにスポットを当て、演技力の評判はどうなのか?と松田翔太さんに似ているのか?を調べていきたいと思います♪

スポンサーリンク

極主夫道【酒井タツキ役】古川雄大のプロフィール

芸名:古川雄大(ふるかわゆうた)

生年月日:1987年7月9日(33歳)

出身地:長野県

身長:182cm

血液型:A型

趣味:ジャズダンス

ジャンル:俳優・歌手

活動期間:2007年ー

事務所:研音

古川雄大さんはテレビの歌番組で踊るバックダンサーの姿に憧れてダンサーを志し、ダンススクールで14歳の時にジャズダンスを習い始めます。

高校3年時にダンサーのオーディションを受けに上京した際に原宿でスカウトされ、芸能事務所の「研音」に所属。

ムーさん
ムーさん
オーディションを受けに行く際にスカウトって凄いですね!

高校卒業を機に上京し、俳優を目指し芸能活動を開始しています。

2007年に放送されたテレビドラマ「風魔の小次郎」で俳優としてデビュー♪

また、2008年には「2STEPS!」で主演を演じ、スクリーンデビューも果たしています。

ミュージカルのイメージが先行する古川雄大さんですが、本格的にミュージカルの道に進んだのが、2012年に公開されたミュージカル「エリザベート」からだそう♪

2018年には活躍が期待される若手に贈られる第9回岩谷時子賞奨励賞を受賞

2019年には第44回菊田一夫演劇賞で演劇賞を受賞しています。

そんな多数の出演作を誇る古川雄大さんの出演作の代表作をちょこっと紹介したいと思います。

2007年:「風魔の小次郎」霧風役

2007年:「テニスの王子様 」不二周助役

2009年:「2STEPS!」結城巧役

2010年:「BECK」諸積ヨシト役

2012年:「エリザベート」ルドルフ役

2013年:「ロミオ&ジュリエット」ロミオ役

2015年:「黒執事」セバスチャン・ミカエリス役

2018年:「下町ロケット ヤタガラス編」吉井浩役

2020年: 「エール」御手洗清太郎

多数の有名ドラマや多彩な活動をしている古川雄大さんは今後ドラマなどでも主役を演じる俳優さんの一人になることは間違いないでしょう!

極主夫道【酒井タツキ役】古川雄大の演技力は上手い?

多数のミュージカルやドラマ・映画で出演している古川雄大さんの演技力の評判はどうなのか?を当ブログで紹介していきます♪

2018年に公開されたミュージカル「 モーツァルト!」でヴォルフガング・モーツァルト 役を演じた古川雄大さんですが、一般の視聴者から「歌と演技に引き込まれる」など歌唱力や演技力の評判が非常に高いことが分かります。

また、連続テレビ小説 「エール」で 御手洗清太郎役を演じる古川雄大さんですが、一般の視聴者から「古川さんの表情の演技って繊細ですごいよなぁ」と演技力を称賛していることが伺えます♪

今回「極主夫道」で警察官の酒井タツキ役を演じる古川雄大さんの演技が非常に楽しみですし、どういった演技をするのか目が離せないですね!

スポンサーリンク

極主夫道【酒井タツキ役】古川雄大は松田翔太に似ている?

パッチリした目とキリっとした眉毛が特徴の古川雄大さんですが、松田翔太さんに似ているとの事で今回当ブログで比較していきたいと思います♪

①古川雄大さんの画像☆

②松田翔太さんの画像☆

①と②の画像を比較して見ると、輪郭はあまり似ていないですが、パッチリした目とキリっとした眉毛・鼻筋が非常に似ていると感じます。

一般の方もやはり似ているといったコメントが多く「似ているような気がする」や「区別がつかない」などのコメントが多く寄せられています。

ムーさん
ムーさん
それにしても2人は男前ですね!

古川雄大さんと松田翔太さんは共に第一線で活躍している俳優さんですし、今後のドラマでも共演する可能性は高いと考えられます。

もし共演となればかなり楽しみですね!

古川雄大さんと松田翔太さん今後の活躍を期待しています!

スポンサーリンク