浦安鉄筋家族

浦安鉄筋家族【大鉄】佐藤二郎が乗る車の車種は?原作との違いも!

2020年4月、テレ東系列で放送が開始されたドラマ「浦安鉄筋家族」。

大ヒットギャグ漫画が実写版が放映されています。

ギャグ漫画「浦安鉄筋家族」を読んだことある方にとっては、非常に楽しなドラマでないでしょうか。

ムーさん
ムーさん
一話・二話・三話と見ましたがクスッと笑えるシーンが多数ありました(笑)

主人公は大沢木一家の大黒柱、大沢木大鉄。

その大鉄役を演じているのが、個性派俳優の佐藤二郎さん

佐藤二郎さんと言えば、ドラマの演技もアドリブが多いことで有名な俳優さんであり、「浦安鉄筋家族」でも佐藤二郎さんらしいというシーンが多数あります♪

そんなギャグドラマ「浦安鉄筋家族」の大鉄役で出演する佐藤二郎さんのプロフィールと共に佐藤二郎さん演じる大鉄の乗っている車の車種・原作との違いも詳しく深堀りしていきたいと思います♪

スポンサーリンク

【浦安鉄筋家族】佐藤二郎・大鉄プロフィール

芸名:佐藤二郎(さとうじろう)

本名:佐藤二郎

生年月日:1969年5月7日

出身地:愛知県春日井市生まれ、愛知郡東郷町育ち

血液型:A型

ジャンル:俳優・脚本家・映画監督

活動期間:1996年-

事務所:フロム・ファーストプロダクション

 

佐藤二郎さんは大学卒業後に就職をしながら、休みの土曜日・日曜日の余暇に芝居をしようと考え、面接官にそのことを告げた結果、25件連続で面接を失敗します。

その後、大企業リクルートへ入社し、わずか1日で退職し、劇団附属の俳優養成所に入所するが1年後の入団試験に落ちたため、別の劇団に入団するも1年で退団します。

「俳優への適性がない」と感じ、26歳の頃小さな広告代理店に再就職し、営業として部署トップの成績を残します。

しかし、俳優への思いを捨てきれず、1996年に演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし、全公演で作・出演を担当するなど、会社勤めをしながら俳優活動を開始します。

29歳のころ演出家の鈴木裕美さんに誘われ、劇団「自転車キンクリート」に入団し、佐藤二郎さんの出演舞台を観た堤幸彦が『ブラック・ジャックII』に医者役で起用。

ワンシーンのみでしたが、現事務所のフロム・ファーストプロダクションに所属、ドラマ・映画・CM・舞台と多数出演しご活躍されています。

ムーさん
ムーさん
佐藤二郎さんの演技は凄く面白く、私非常に好きです♪

大活躍中の佐藤二郎さんですが、人気俳優さんの一人ですので、代表作になりますがご紹介致します♪

2008年:「ごくせん」牛島豊作役

2009年:「JIN-仁」福田玄孝役

2011年:「勇者ヨシヒコシリーズ」仏役

2012年:「平清盛」藤原家成役

2015年:「デスノート」 模木完造役

2017年:「過保護のカホコ」国村衛役

2018年「今日から俺は」 赤坂哲夫役

2020年「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」佐島源造役

コンスタントにドラマに出演している佐藤二郎さん。

これからも、脇役の佐藤二郎さんの独特の演技が主役を引き立たせることは間違いなしでしょう!

原作の大沢木大鉄のプロフィールもチョコっとご紹介♪

名前:大沢木大鉄(おおさわぎだいてつ)

出身地:千葉県浦安市

年齢:43歳

職業:タクシードライバー

口癖:「めんどくせー」

大沢木一家の大黒柱の大鉄は年齢43歳だったんですね。

ムーさん
ムーさん
もっと年齢上だと思いました(笑)

ぐうたらで面倒なことが大嫌いな大鉄。

原作のぐうたらさは多少無くなっており、佐藤二郎さんの色が強い気がしますが、くだらない面白さは一緒なので、これからも楽しみですね♪

浦安鉄筋家族【大鉄】佐藤二郎の乗っている車の車種は?

大沢木大鉄の職業はタクシードライバーであり、大鉄の愛する車で、「ダットちゃん」こと(昭和40年式)日産スカイラインをタクシーとして利用しています。

原作漫画では、何度も愛車の「ダットちゃん」で衝突などを繰り返していることから、最も破壊と再生をする不死身のタクシーになります。

上記は原作アニメの方で、実写版での大鉄愛用車はクラウンRS-40Pを使用しています♪

ムーさん
ムーさん
しかし原作・実写ともなかなか渋い車ですね♪

旧車独特の細いハンドルとハンドルの大きさが車好きの方には堪らないですよね♪

また何と言っても車のフォルムも最高ですね。

いまハイブリット車や電気自動車などが主流となりつつでありますが、昔の車は愛着あるというか、とにかくいいですよね♪

原作・実写ドラマとも、007やルパン並みに車が改造されており、ボタンを押せば後部座席のお客様が飛んでいく等、仕掛けが多数あります。

今後も実写でどんなことが起きるのか楽しみですね♪

スポンサーリンク

浦安鉄筋家族【大鉄】原作・実写との違いは?

原作を全巻読んで実写のドラマも拝見しており、似ている部分は多いもののやはり違いがある部分も多いです。

まずは佐藤二郎さん演じる大鉄ですが、口癖の「めんどくせー」が発せられず、佐藤二郎さん色が強い他、他の個性派俳優さん・女優さん色が強いように感じます。

ムーさん
ムーさん
原作・実写どちらもくだらなさは一緒で面白いです♪

また、原作ではもっと過激なシーンが多いですが、やはりこのご時世なかなか厳しい面もあるので、控えめなシーンも多いです。

深夜帯に放送しているドラマにしては面白いと感じますので、まだご覧になられてない方は一度見てみてはいかがでしょうか。

原作ギャグ漫画の大鉄の愛車のタクシーの車種は違えど変わらない渋さ、原作の良いところもあれば、実写ドラマでもオリジナルの良さが如何なく発揮されており、今後の放送も気になりますね♪

【浦安鉄筋家族】仁ママ役は宍戸美和公で演技は上手い?牧野ステテコ似?2020年4月、テレ東系列で放送が開始されたドラマ「浦安鉄筋家族」。 大ヒットギャグ漫画が実写版が放映されています。 しかも...

 

 

スポンサーリンク